サークル「ドッグイヤーカンパニー」の新作は家出少女と出会い、共に生きてゆく物語「…これからもよろしくね、お兄さん~初めての同居人、公園で出会った家出少女サクラ~」です。
はじめに言っておくと個人的に感動させるものは好きではありません。どうにも感動的なストーリーと言われるものは不幸な状態が前提にあって、それを乗り越えた様子を感動的でしょう? としたものが目立つのです。そしてそういった手合いのものが嫌いなため、感動的なストーリーと謳うものは基本的に見ざる聞かざるの立場で関わることは少ないです。この作品についてもそういった類のものでしょう? とか、なんかストーリーが重そうだなとか思って気乗りしなかったのも事実です。ただ、それでも何故か惹かれる雰囲気もあったんですよね。単に不幸を売り物にして感動させるようなものじゃない、そんな期待か願望が。多分、私と同じような理由で聞くかどうか戸惑っている人はいるんじゃないでしょうか。もしそうなら、まずはこのレビューで確かめてみてください。少なくとも試聴した私はこの作品を聴くのに躊躇う必要なんてなかったです。それが少しでも伝われば良いなと思っております。

…これからもよろしくね、お兄さん~初めての同居人、公園で出会った家出少女サクラ~

 

…これからもよろしくね、お兄さん~初めての同居人、公園で出会った家出少女サクラ~

 


CV: 陽向葵ゅか
サークル:ドッグイヤーカンパニー
タグ:癒し/学生/制服/同棲/シリアス/手コキ

◆収録時間 トラック(1-8)合計169分53秒 (約2時間49分)

 

この作品のココがいい!!

  1. 重苦しい? 感動の押し付け? いいえ、これは一風変わった出会いをした二人の優しい恋物語です
  2. 魅力的なのはヒロインだけじゃない。サクラに対しての主人公の優しさもまた心地良い
  3. 出会いからのサクラの心情の変化を感じられるからこそ、結ばれた想いは心に響きます

 

公式説明

【 物語の概要 】

夜の静かな公園で1人の制服を着た少女を見かけるようになった貴方

雨が降るその日も、傘も持たずに同じ場所にいた彼女に声をかけてみた所
少女の方から、今日だけ泊めて欲しいとお願いされます。

彼女の名前はサクラ
事情があり、家に帰ろうとしない彼女は、半ば強引に貴方の家に付いてくるようになります。

貴方は、そのまま自宅に一晩泊めてあげる事になるのですが……

———————————————-

■主人公(リスナー)

成人の会社員
独身で1人暮らしをしています。

仕事の帰り道で、公園の前を横切ると
1人の少女と出会う事になります。

———————————————-

■サクラ

高校生の少女
学校では浮いた存在ではありませんが、普段仲の良い友人もなく
交流関係が少ない形です。

何か事情を抱えている為、、家に帰らず夜遅くまで喫茶店や繁華街などで時間を潰すことが増えていく中
最後は公園で時間を潰すようになっていきます。
———————————————-

製品内容:トラック(1-8)合計169分53秒 (約2時間49分)

■1.『雨の降る公園で…』(5分05秒)

✩少女との最初の出会いから始まります

■2.『二人だけの秘密だよ』(14分37秒)

✩一晩一緒に過ごす事になった貴方と少女の関係は…

■3.『ここで、お別れ…だね』(9分48秒)

✩朝になり、貴方と別れる事になった彼女ですが、行く当てもない彼女に対して貴方の行動は…

■4.『ここも…洗ってあげるよ』(37分45秒)

✩貴方にすっかり懐いたサクラは、一緒にお風呂に入って貴方の体を洗ってくれる事になります。

■5A.『プリクラ、一緒に撮ってみたいな』(25分18秒)

✩ゲームセンターで一緒にプリクラを撮ることになりますが、そこで2人は…

■5B.『お兄さんは…どっちが良い?』(22分17秒)

✩5Aの別バージョンでのプレイ内容です。お好みでご視聴下さい

■6.『私の上に…来て』(27分00秒)  ベッドきしみ音無しver有

✩貴方と体の関係を求めるようになったサクラとの甘い夜のひと時が始まります

■7.『もう少し、このままでも、良い…?』(23分52秒) ベッドきしみ音無しver有

✩1度だけでは満足できなかった彼女は再び貴方を求めるようになり…

■8.『いってらっしゃい。お兄さん』(4分11秒)

✩貴方と同棲生活をしていく事になった彼女の答えは

■1.雨の降る公園で…

…ん? 誰、おじさん、何か用?

おじさんには関係ないでしょ。早くどこか行ってよ。

…しつこいなぁ。

早く帰った方が良いって言われても…こんな時間だし、もう電車…ないから。
だから、ここにいるの。
雨も、そこまで強くないから…たぶん、平気だよ。
それに、…誰も私の事気にしている人なんていないから。

おじさん、そんなに私に興味があるの?…ふーん。そっか、そういう事か。
…そんなに心配してくれるなら、今日おじさんの家に、泊めてよ。
…私、おじさんの考えてること、分かるよ
……私と、したいんでしょ。

■2.深夜のお泊り

…ん、どうしたの
何か、気になる?
…それとも、やっぱりエッチな事する気になった?

あ、おじさん照れてる
…いちいち本気にしないでよ
…もしかして、女の子を部屋に入れるのって初めてなの?

…そうなんだ。じゃあ、私がおじさんの初めての相手になるんだね。
くすっ。おじさんの反応見てると、本当、面白い。

…ふぅ。おじさんの座ってるソファー…隣、座って良い?

なら、お邪魔するね

…んー。あれ、おじさんってさぁ…
良く見ると、そんなにおじさんっていう感じでも、ないよね
…あ、呼び方気にしてた? うーん、何が良いかな…
お兄さん、とか。それで良い?

■3.また同じ公園で

じゃあ、ここで、お別れ…だね

うん、行く当ては、その、大丈夫
いざとなったら、家に帰れば良いし…。電車賃くらい、持ってるから…

あの、お兄さん

昨日は、泊めてくれてありがと。…本当に、助かったよ
もしお兄さんが声掛けてくれなかったら、風邪引いてたし…
危ない人のところに、行ってたかも…
だから…その、ん……ちゅっ。…これは、お礼ね
お兄さん、ほんとに、手出さないなんて…。そういう人も、いるんだね

…あ、そろそろ行かないと。誰かに、見つかっちゃう…
…えっと、お兄さん…。

いっ……っ、何でも、ない
…じゃあね。扉、もう閉めて良いよ

お兄さんと会ったこと、たぶん…忘れないから。
……じゃ、さよなら。

■4.洗体と入浴

…あの、お兄さん
もう、洗い終わった?

途中…なんだ
なら、ちょうど良いかな
お兄さんの背中、私が流すよ
…ダメ? んー。でも、もう準備しちゃったから。…入るね

どうしたの、お兄さん
そんなに慌てて。くす…私も、ちゃんとタオル巻いてるよ
だから大丈夫

そういう問題じゃないって、どういうこと?
お兄さんには、私は恋人じゃなくて、妹みたいに見えるんだよね
なら、こういうスキンシップも、別に良いんじゃない?
一人だと、背中って洗いにくいし。私が隅々まで流してあげる
…これくらいは、手伝っても良いよね
…ここに来てから、お兄さんに迷惑掛けてばかりだし…
いくら言葉で、大丈夫だって言われても、そういうの、気になってたんだ…
だから、ね?

■5-A.休日にゲームセンターで… 手コキと耳舐め

はぁ…あぁ、キスした顔…画面に映ってる
お互いに、真っ赤になって…あれ、どうしたの? 急にもじもじして…
前かがみに…なってる?
…隠そうとしなくて良いよ。それくらいで、引いたりなんか…しないから。
…それよりも、気持ち良いこと、してあげたいな
……もう。口に出さなくても、分かるよ
お兄さんのおち○ちん、外に出しちゃうね

わ、ほんとに大きくなってる
…ちょ、お兄さん、おち○ちん仕舞おうとしないで
この大きさのまま外に出たら、周りに通報されちゃうよ

ここを出る前に、小さくしてあげないと…
大丈夫、私が手伝ってあげるから、きっとすぐ出るよ

…やり方は、前と同じく、手でしてあげるね

ん…はぁ、おち○ちん、すごく熱くなってる…
ん、んぅ…お兄さんって、私が家に来てから、一人でしてないんでしょ
…もっと、はっきり言った方が良い?
お兄さん、最近…オナニー、してないよね
私が側にいるから、し辛いんだよね…

■5-B休日にゲームセンターで… フェラチオ

あ…れ? お兄さんのあそこ…膨らんでる…

ふふ、ほーら…私とキスして、おち○ちん大きくなったところ、撮られちゃったね
…どう、しよっか
順番待ちの人もいないし…ここで、しちゃう?

え? ち、違うよ。本番…とかじゃなくて。もう…何考えてるの、お兄さん
私がしようって言ったのは…もっと、軽いやつ…。例えば、手とか口…とか?
お兄さんは…どっちが良い?

口が、良いんだ。じゃあ、今日は口でしてあげるね
ん…しょ

ちょ、なんで止めようとするの?
…口の方が良いってことは、嫌じゃないんだよね
お兄さんのおち○ちん、こんなに大きくなってるし…
この大きさを隠すのは難しいし、このままだと…苦しいでしょ
だから、口で…するね。ん…れろぉ、はぁ…

■6.初めてのエッチ

お兄さん、私の方…向いて…もう、早くこっち見て。

ん…ぎゅぅぅぅ…
ん…はぁ……。……どう? 落ち着く…?

柔らかくて…良い匂い、するんだ…。そっか、良かった…

…私、ね。出会った時からお兄さんに助けられてばかりだから…
こうして、少しでもお兄さんのこと…支えたかったんだ…

…まあ、私なんかじゃ、頼りないと思うけど…。何か悩みとか、誰にも言えないで、胸の内に溜め込んでるものがあるなら、いつでも話…聞くよ
私の力で、解決はできないと思うけど…。話くらいなら、聞けるから
私も…お兄さんに色々話して、楽になれたから。お兄さんのことも、聞きたいな

お兄さん…毎日、疲れてるよね。…それくらい、見てれば分かるよ
だから…せめて今だけは、甘えてほしいな
ん…、あ…

ん…良いよ。頭、撫でてあげるね…

…うん。

…そうだったんだね。わかるよ。

…そっか。お兄さん…大変だったんだね
お兄さんは、優しすぎるから…私のことも含めて、色々と背負っちゃうんだと思う…
ん…お兄さん。せめて…今だけは、辛いこと、全部…忘れちゃお。
私にはいつでも話してくれて良いから。

■7.二回目のエッチ

私…まだお兄さんと、繋がっていたい…
…それに、さっきはお兄さんがしてくれたから。今度は私の方からしたいの…
…お兄さん。横に…なって

…ありがと。後は、全部…私に任せて
お兄さんが気持ち良くなれるように、頑張るね
えっと…まずは、首筋から…ん、ちゅっ、ちゅぅ…
んぅ…れろ、れる、れろ~…
はぁ…次は、胸元も…んちゅっ、ちゅぅ…ん、れろ、れるぅ…
ふふ、くすぐったい? でも…それだけじゃ、ないよね
全身で…私のこと、感じてほしいな…んぅ、れろ、れる、れろ、れるぅ…ん、ちゅっ

じゃあ今度は…お兄さんの、右の乳首、も…んちゅっ、ちぅ…ちゅぅ
はぁ…お兄さん、乳首感じ易いんだね。そう言えば、前に触った時も、身体…反応してたっけ
お兄さんの弱点…見つけちゃった。んぅ…ちゅっ、れろ、れる…れろぉ
ん…れる、ちゅっ、ちゅぅ…ふふ、乳首に、キスマーク、残るかも…
ん、ちゅぅ、ちゅぅ…ふふ

■8
今日は、ごはんとお味噌汁と…アジの開き。あと…卵焼き、作ってみた
結構私としては頑張ってみたんだよ。…食べてみて

どう? 美味しい?
……あ、美味しいんだ。ふふ、良かった
私も、成長できてるかな
もちろん、料理だけじゃなくて…その、バイトも、してみることにしたんだ
コンビニ…だけど。これから頑張って、みるね
同居させてもらうのはありがたいんだけど
いつまでも、お兄さんに頼ってるわけにはいかないから
いつか、自立…しないと。だから、それまでは、お世話になります。
それから…

お兄さんが良かったら、あっちのお世話は私がしてあげるから。
これから改めてよろしくね。お兄さん。

———————————————-
■おまけファイル

ロゴ有りロゴなし表紙イラスト。 (1280*960px)
差分、表情、夜景、通常イラスト(1280*960px)

本編台本 (PDF) 

おまけSE

プリクラ撮影音声2パターン
ゲームセンター内ガヤ音声2パターン

*実際の音声とは異なる部分があります。

おまけ フリートーク 
(4分11秒)

———————————————-

■こんな想いのある方におすすめです

訳ありの少女と同棲生活を送ってみたい

心を閉ざした少女の隙間を埋めてあげたい

ちょっと変わった出会い方を求めてみたい

———————————————-

 

◆ 1.『雨の降る公園で…』、2.『二人だけの秘密だよ』、3.『ここで、お別れ…だね』

トラック1、2、3は出会いから再会までの物語です。出会いの場所は公園。辺りが暗くなっている中でブランコに乗っている女の子、それがサクラです。こんな状態の子を放っておけなかった主人公が声をかけるところから始まりです。ジャケットイラストが丁度このシーンなのでイメージはしやすいですね。
出会ったばかりのサクラは警戒心全開で不信感も強く人を寄せ付けない雰囲気を持っていました。ぶっきらぼうな物言いとこちらに対して強い猜疑心を抱いている言動が目立つため、少々苛立ちを覚える場面も無きにしもあらず。ただ所々に自暴自棄な面も見え隠れしており、放っておくこともできないところも。正直なところ、ここでの彼女の言動は陽向葵ゅかさんの演技力も相まって聴いているだけで心にチクチクと刺さるものがあります。特に一回通しで聞き終わった後は感情移入も強くなっているので余計に心が痛みます。
序盤からなんだか重苦しい雰囲気が纏わりつきます。暗い話だな、嫌だなって、これからもっと話が重くなるんだろうな。これが聴き始めたときの正直な気持ちでしたね。けれど、ちょっとだけ気が楽になったのは主人公の行動でした。主人公=リスナーなわけで、ここで主人公がどういう行動をとるかで感情移入できるかできないかが大きく変わってしまうわけです。自分の気持ちとかけ離れた行動を主人公がとれば、その後の展開をずっと傍観者として聞き続けるハメになるわけです。こうなったらもう後の展開を悶々とした気持ちで聞き続けるしかなく、しんどいだけです。けれど、この作品の主人公はあくまでも優しく、妹を心配する兄のように彼女へ接します。言ってしまえば彼女の抱く男のイメージと全くの真逆の行動をとったのです。これには私としても好感が持てるし、主人公に望んでいた行動でもあります。このおかげで私は主人公に強く感情移入できましたし、この先の展開にも期待をするようになりました。
物語は彼女にほぼ主導権を握られた状態で進みます。行く当てのない彼女を家に泊めることになったのも、彼女に押し切られるかたち。ここだけ聞くと変な感じですね。でも、帰り道に彼女が雨に濡れないように傘に入れるシーンがあるのですが、そこで彼女はお互いに濡れないように近くに寄ってきます。彼女の警戒心はとけ、少し信用してくれ始めているのを感じるとても良いシーンです。
家に入ってからは冗談を言ってからかう面も見せ始めます。張りつめていた気持ちが少しずつ緩んでいくのを感じます。序盤の重苦しい雰囲気も大分おさまります。ソファに座っていれば、隣にやってくるなど安らいだ空気へ変わってゆきます。このまま続けば良かったのですが、そうもいかないのが世の常です。彼女は泊めてもらったお返しとして自分を好きにしていいと言ってきます。ただ声は震えて無理してるのは丸わかり。いやいや、そんなのお返しなんて嬉しくないでしょ。彼女は少なからずこちらへ好意を寄せてるのを感じられますが、そんな誘惑に心動かされるわけもありません。まさかの「年上好き」という切り替えしで場を納めます。流石だぜ、主人公。
心温まる展開も束の間、翌朝には彼女との別れのシーンです。吹けば飛ぶような心もとない彼女の様子には不安しかなく。行くアテがあるという言葉も強がりにしか聞こえず。それでも彼女は行ってしまう。今までもそうでしたが、心を許した相手だからこそ迷惑をかけたくないという彼女の気持ちがここには詰まっています。ここで別れておいてからの公園での再会、いや彼女を迎えにきたところは盛り上がります。心細さから公園に来てしまった彼女と、いるかいないか分からないのに心配して会社を早退してまで公園へ訪れる主人公。短い時間しか一緒にいなかったのに、心のどこかでもう深く繋がっていた。序盤の一番良い場面じゃないでしょうか。ここでようやく彼女の心からの笑顔と共にサクラという名前を教えてもらえます。そして「…これからもよろしくね、お兄さん」の一言。タイトルですね。なんか、ここからOPの曲が流れそうです。流れないけど。ともかくここで導入終了です。

◆ 4.『ここも…洗ってあげるよ』

ここでのプレイは 手コキ、体にキス、耳舐め、キス

再び家に帰ってきた二人。先にお風呂に入ると、背中を流すためにサクラも入ってきます。サクラは結構イチャついてきますが、まだこの時点ではお返しがしたいという思いの方が強いです。もちろん、そんな子に手を出すなんてもってのほか。あくまでされるがままで手出ししません。
サクラはこちらを洗ってくれたり、くすぐってきたりといたずらを仕掛けてきます。序盤での暗い感情からのこの楽しそうな姿です。いたずらには身もだえしつつも、素直に楽しいところでもあります。それにしても声だけだというのに、脇腹を攻められてるところはなんというかすごいです。思わず身をよじらせずにはいられない。あふん、もうダメ。
しかし妹のように扱っているとはいえど相手は年頃の女の子です。そんな子にあれやこれやされれば興奮してしまうのもやむもなし。ついにはそれがバレてしまいます。でもサクラはきちんと受け入れてくれます。嫌われなかったので結果は良いのですが、ちょっと敗北感もあります。無我の境地にも至れぬ不甲斐ない兄で申し訳ない。
しかし精神修行は更なる境地へとレベルが上がります。サクラはバスタオルをとって裸を見せてくるのです。まだ膨らみかけという胸もまた魅惑的です。これはドキドキしてしまうのも仕方なし、正常な反応です。むしろ反応しないならそれはそれでダメでしょう。いや、やっぱりダメだ。いくらウェルカムな態度を見せてるサクラであるけれど、それは目で見るのはいけない気がする。そんな葛藤がスパイスになって妙な興奮が全身を駆け巡ります。
裸を見られるのは恥ずかしいらしく、ガン見はダメでもチラ見ならいいよとのこと。いや、それはそれでむしろ興奮してしまいますから。更にはお触り禁止の代わりに手コキをしてくれるとのこと。手コキの間は優しさへの信頼を感じさせることを言うため、その信頼を裏切りたくない気持ちが沸き上がります。
サラクは素直に感じてほしいけれど、こちらは情けない姿を見せたくない。強情なせめぎあいが続きます。そんな拮抗を先に崩しに仕掛けるのはやはりサクラです。頬にキスから始まって、首筋や胸のあたり。そしてお馴染みの耳へと移ります。昂った精神状態ゆえか没入感が半端なく、お風呂場で裸のサクラに色々とされている錯覚に陥ります。
片方の耳が終わればもう片方の耳。声と音でどんどんと昂ぶらせて、ついにはサクラの手で達してしまいます。妹も同然の女の子に情けない姿を見せてしまった羞恥と。我慢し続けてからの解放感は悪くはない……と思ってしまいます。
一息ついて、お風呂に向かい合って入ります。ここからは再び暗めの話に戻ります。サクラの家出の理由をぽつりぽつりと語ってくれます。小さいころに両親が離婚したこと。離婚の理由が自分であること。引き取った母親からは話すらしてくれないこと。その空気に耐えきれなくなったのが家出の理由ということ。これからどうするかも、やりたいことも見つからないサクラはそれでも前を見ようとしはじめてます。まあ、これは応援するしかないですよね。これからもサクラはこの家にいることになりました。暗い話はここでおしまいです。思いのほかシンプルにまとめていること、サクラ自身が前を向き始めていること、なにより主人公の優しさがサクラを包んでいるおかげでそこまで嫌な感じはしませんでした。感動系というとやたらと読後感が悪く後に引きずるような不幸話があるじゃないですか。そこから立ち上がって幸福になることで感動を呼ぶみたいな展開。今回もそういうのがガツンとくるのかとと身構えていたんです。でも、この作品はそういうことはありませんでした。個人的にはこれは感動させる話ではなく、ちょっと変わった出会いから始まる恋物語というほうがぴったりきます。

 

◆ 5A.『プリクラ、一緒に撮ってみたいな』、5B.『お兄さんは…どっちが良い?』

ここでのプレイは キス、手コキ、耳舐め、フェラチオ

サクラとの初デートです。もうここからはイチャラブしかありません。サクラと二人、幸せに浸りましょう。このトラック5は分岐であり、好きな方を選べます。デート内容は同じですがプレイが異なります。Aなら手コキ、耳舐め。Bならフェラチオ。
A、Bルートの序盤は同じ内容です。初デートで訪れたのはサクラの行ってみたかったというゲームセンター。ここで二人でプリクラをとることになります。女の子なら撮り慣れているものでしょうが、男にはあまり縁のないもの、主人公も不慣れで表情が硬いままです。どうにかしようとしてサクラがとった行動は頬にキスでした。不意打ちでこんな可愛いことされたらドキドキ通り越して心停止してしまうわ。あぁ、でも、私はまだサクラを好きだけど、まだ精神的な繋がりのみでないといけない、手を出してはいけない、アンタッチャブルと脳内設定を作ってます。兄のような存在として毅然な態度を崩すわけにはいかないのです。サクラ自身がどんなに受け入れる気があろうとも。そんな私の気持ちも知らずにサクラは求めることをやめません。ここからルート分岐になります。
Aルートでは軽いキス。お風呂で1回してるので2回目です。これだけで既に昂ぶりが抑えきれなくなっていることをサクラに悟られます。サクラはこんなことで引いたりしない、むしろもっと気持ちよくしてあげたいと言ってくれます。その気持ちは嬉しくもあるのですが、こちらの立つ瀬がありません。まあここは抵抗することも叶わず、そのまま手コキされます。更にサクラは体をくっつけての耳舐めと出来る限りのことで責めてきます。ここでも行為の様子が強烈なイメージとなって焼き付きます。お風呂場といい、ゲームセンターといい、場所が想像しやすいからですかね。最後はキスしながらの手コキで一気に加速します。甘い囁きとキスの音が脳を蕩けさせ、理性も何も吹き飛びます。ただお互いの体温を強く感じるほどに抱きしめて愛情のままに唇を重ねる。はい、もう達する、達する。こんなの堪えられるわけないじゃないか。
Bルートはディープキス。いきなり濃厚なものをぶち込んできました。はじめにでかいものぶち込まれれば次もちょっと過激な展開になるのは仕方ありません。口でしてもらうことになってしまいます。いや、でもそれは流石にとわずかに残った理性が抵抗しますがそれも束の間。その快感の前にはサクラを止める手のほうが止まってしまいます。理性だけじゃ勝てなかったよ。サクラの初めてだけど喜ばせようと一生懸命にやってくれている様子には愛おしさが溢れてきます。最後は口の中で出させようとするサクラですが、流石にそれはダメ。これ以上はいけないと止めようとしますが、サクラは逃がしてはくれません。自ら口の奥まで入れて搾り取りに来ます。お互いに相手を思いあっての行動でしたが結果はサクラの勝ち。全て搾り取られてしまいました。
どちらのルートに進んでもイチャラブ度はMAXです。なので好きなプレイで選べば良いですね。個人的にはキス多めのAルートが良いです。

 

◆ 6.『私の上に…来て』、7.『もう少し、このままでも、良い…?』

 

ここでのプレイは キス、愛撫、本番、フェラチオ、騎乗位

サクラは家出してから今まで主人公に助けられてきました。何かお返ししたいという気持ちは今までもあって、体で返そうとしたりもしました。それは流石に受け入れてもらえず、他のことを模索し続けていました。その答えとして選んだのは、悩みを聞くこと。もちろんサクラに悩みを解決できるわけではありません。でも、かつての自分のように悩みを口にするだけでも心が軽くなることを伝えてきます。今まではサクラを支える側の立場でしたが、今回は精一杯の母性で受け止めてくれるサクラへ支えられる側になります。抱きしめて、優しく頭を撫でて話を聞いてくれる。優しい時間はゆっくり過ぎてゆきます。
悩みも、辛い気持ちも今だけは忘れられるようにと、サクラはキスをしてきます。忘れることはできなくとも、サクラのことだけで頭をいっぱいにするために。もう抗う気持ちも何もありません。愛する気持ちのままにキスをします。そして、愛情のゆくままにキスの先へと進んでゆきます。
サクラは序盤ではお返しとして体を差し出そうとしましたが、今回はもう違います。好きだから。だから愛し合いたい。この感情の変化を前に、愛する人の誘いを断れるわけもない。もちろん感情の昂ぶりはありますが、二人の間に流れる優しい空気が落ち着きを取り戻してくれます。サクラの初めてを受け取り、二人で一つになるシーンは官能的であり、感動的でもあります。言葉の一つ一つにどこまでも相手のことを想いあう気持ちがこもっていて、本当に心が満たされてゆきます。
繋がりは一回では終わりません。今度はサクラが上になっての二回目です。ここではまだサクラがお返ししたい気持ちをまだ残しているのが見て取れます。でも、主人公はそこを窘めて、二人で愛し合うことへと正します。こちらの望んだ行動をしてくれる本当にいい主人公です。だからこそ、こんなにも物語に感情移入できるのでしょう。
サクラの最後のセリフ、「大好きな人が、こうして側にいてくれるのって、この気持ちが幸せなんだね」には愛しさゆえに心が震えました。

 

◆ 8.『いってらっしゃい。お兄さん』

朝のシーンです。序盤の暗さなんてもう欠片も感じさせない爽やかさな雰囲気です。サクラはこれからは自分のやりたいことを見つけてゆくこと、いつか自立してゆくことを感じさせます。俺たちの戦いはこれからだ! じゃなくて、未来への希望溢れる姿で、でも二人の距離は離れることはない。まるで新婚さんのようなやりとりを見せつけておしまいです。

これを聞くの躊躇っていた昔の自分をぶん殴ってでも聴かせてやりたい。それくらいに良い作品でした。感動系が嫌いなのは相変わらずですが、これは安いお涙頂戴ものではありません。心温まる優しいシナリオと、それでいてR18としても十分すぎる展開。それでいてストーリーものにありがちな主人公の行動に辟易してしまうこともなく、むしろ深く感情移入できたのが良かったです。
この作品は是非とも応援したいです。もちろん作品自体の応援は当然ですが、実は結構、サークル「ドッグイヤーカンパニー」でも力を入れているみたいで……。なんとDLSiteでのDL数によっては続編決定まであるんです。これもう期待せざるを得ないじゃないですか。まずは1000DLの応援イラストと番外編音声(本編後の物語)待ちですね。あー、もうどこかのマハラジャがぽんと1000DLくらいしてくれないですかねぇ。
ともかく、この作品は色々な意味でもお勧めです。むしろ聴かないと損です。というか、もうDLSiteでDL数伸ばして続編出すの協力して欲しい。以上です。

 

…これからもよろしくね、お兄さん~初めての同居人、公園で出会った家出少女サクラ~

…これからもよろしくね、お兄さん~初めての同居人、公園で出会った家出少女サクラ~

おすすめの記事